余剰資金を作ろう(携帯電話の節約篇)


先日、近所に住む専門学校生と話をする機会がありました。

なんでも、ポケットWi-Fiの調子が悪く、PCをネット接続できないので、PCを使う課題を自宅でやるのに困ってるとのこと。自宅に有線のネットワークは引いてないようです。

しかし、どうも話が噛み合いません。見るとiPhoneを片手に持っているので、「デザリングすればいいじゃない」と言ったのですが、お金がかかるからできないと。いや、デザリングするのにお金かからないでしょ。別料金としても月500円くらい。むしろポケットWi-Fiを別に持ってるほうが無駄なのでは?

さらに良く聞いてやっと分かりました。そもそもiPhoneのキャリア契約は通話のみで、ネット接続は先ほどのポケットWi-Fiを使っているのだとか。つまり、PCもiPhoneもポケットWi-Fiでネット接続し、iPhoneの通話だけが大手キャリア接続。なんてもったいないiPhoneの使い方でしょう。大手キャリアのLTE利用料があまりに高いから、そうしているのだとか。

でも、大手キャリアにおさらばして、MVNO回線(俗に言う格安SIM)を使えば、iPhone 1台で通話もネットもPCのデザリングもできて、固定費は1,000〜2,000円くらいですよね。「僕のiPhoneの基本利用料は1,700円くらいしかかかってないよ」って言ったら、目を白黒させて驚いてました。

MVNOって、自分でSIM手配してiPhoneに挿して設定して、うまく行かなくても自己責任だから、敷居が高いと思うかもしれませんね。でも、今はMVNOのノウハウなんてネットにいくらでも転がってるし、意外と簡単ですよ。会社によるかもしれませんが、パパの利用しているIIJmioは、不具合に関する質問にも丁寧に答えてくれるし、困ったということは特にないです。

また、別に大手キャリアを利用してるからって、ショップがiPhoneの不具合に対応してくれるワケではないですからね。以前、大手キャリアを利用してたときに、明らかにiPhoneの不具合と思われる動作不良が起こり、キャリアのショップに持っていきました。が、何もしてくれなくて、アップルに電話つないでくれただけでしたから。頼りになるのは、アップル・ジャパンであって、大手キャリアではありません。電話代は浮きましたけどw。

MVNOだとホワ◯トプランとかないので、通話代はかかります。でも、家族内の通話だったら、FaceTimeつかえばタダだし。固定電話にかけるときでも、番号通知する必要がなければ、Skypeが激安だし。若者どうしだったら、LINEで無料通話するだろうし。電話代かからないんですよ、ほとんど。

でもパパはみなさんにMVNOを、声を大にしてすすめたりしません。だって、MVNO利用者が増えたら、回線が混雑するじゃないですか。大手回線に乗っかってるとはいえ、使えるバンド幅が限られてますから。急に利用者が増えたら、対応できない可能性があります。また、大手キャリア利用者が減ると、収益確保のために、MVNOへの回線貸出料を値上げするかもしれません。その値上げ分がユーザーに転嫁されたら困ります。だから、MVNOをおすすめしないですw。

ってのは冗談ですが、やはり毎月の固定費こそが生活を圧迫し、投資にまわせる余剰資金に影響しますから。MVNO、活用しましょう。Docomo回線を使ってる方なら、IIJmio用の「BIC SIM」がオススメです。iPhoneでも使えるNano SIMはこちらからどうぞ↓。

      2016/07/09

 - 種銭作り