米国株の銘柄選び、パパの場合(後篇)

a1180_008583_m

中編の続きです。

候補として挙げた銘柄の中から、いよいよ投資対象の銘柄を選びます。

ポートフォリオに組み入れる銘柄数

銘柄数としては、8〜16銘柄程度が好ましいです。分散効果を高めるには8銘柄くらいは必要ですが、16銘柄を超えると効果がコスト(手数料や手間)に見合わなくなってくるからです。

単純にもし各銘柄のボラティリティ(リターンのばらつき)が完全にランダムである場合には、ポートフォリオ全体のボラティリティは、銘柄数の平方根に逆比例します。

どういうことかと言うと、例えば、4銘柄で組んだポートフォリオのボラティリティを半分にするためには、銘柄数を16銘柄まで増やせば良いのです。ところが、ボラティリティをさらに半分にするには、64銘柄まで増やす必要があります。これだけ銘柄数が増えると、サラリーマン投資家が管理するには手に負えません。

さらに悪いことに、数十〜数百と銘柄数を増やすにつれ、そのポートフォリオは市場平均に近づきます。つまり、市場の値動きに強く連動するようになるのです(保有銘柄の間で正の相関があると言っても良い)。その結果、「銘柄数の平方根に逆比例」の法則から外れ、ボラティリティーは思ったほど下がりません。

逆に、保有銘柄が少なくても、値動きが正反対の銘柄(負の相関があるとも言う)を組み合わせておくと、値動きが相殺されて、「銘柄数の平方根に逆比例」の法則よりも、ボラティリティーを下げることが出来ます。これが、景気循環ごとの銘柄をポートフォリオに組み入れることの意義であり、セクター(業種)分散させることの利点なのです。

こうした観点から、8〜16銘柄程度のポートフォリオが最も効率的です。パパのポートフォリオでは10銘柄を組み入れることにします。

I like nice round numbers.(私はくっきりちょうどの数字が好きなんだ)

映画「Other People's Money」より

どのセクターに投資するか

さて、そうすると分散投資のためには、どのセクター(業種)を選ぶと良いのでしょうか。

過去約50年のセクター利回りを調べたジェレミー・シーゲル氏によれば、利回りが特に高いセクターは、生活必需品、ヘルスケア、エネルギーです。それ以外のセクターはほぼ市場平均(S&P500)並みであり、ただ唯一、素材セクターは市場平均を大きく下回ります。

そこでパパは、生活必需品、ヘルスケア、エネルギーの3セクターに力を入れることとします。特に不況期でも強い生活必需品には高いウェイトを置きます。ここでは、生活必需品から4銘柄、ヘルスケアから2銘柄、エネルギーから2銘柄を選び、残り2銘柄をそれ以外のセクターから選ぶことにします。

特選10銘柄

こうして選択したパパのポートフォリオ10銘柄がこちらです。

いなぐらパパの特選10銘柄
 銘柄  PER  ROE 営業CF 配当 総合年率
リターン
(10年)
セクター
右肩
上り
>純利益 マージン 配当率 連続増
配年数
増配率
(10年)
KO 27.7 26.3% 24.1% 3.09% 54年 9.0% 11.0% 生活必需品
CHD 30.9 19.9% 17.9% 1.40% 19年 27.3% 19.4% 生活必需品
GIS 26.4 21.2% 14.4% 2.65% 11年 9.5% 12.2% 生活必需品
MO 23.1 118% 30.8% 3.24% 45年 11.6% 13.5% 生活必需品
JNJ 20.1 21.9% 27.5% 2.60% 53年 9.7% 9.3% ヘルスケア
NVO 26.4 76.2% 35.5% 1.76% 15年 25.9% 25.9% ヘルスケア
CVX 145.8 3.0% 15.0% 4.09% 28年 9.0% 9.4% エネルギー
PSX 11.7 18.9% 5.8% 3.37% 4年 - - エネルギー
IBM 11.3 101% 20.8% 3.63% 21年 20.4% 9.5% 情報技術
MCD 23.5 45.4% 25.7% 2.93% 40年 17.6% 16.8% 消費財・サービス

各セクターでの個別銘柄選択についても説明したいところですが、それは次の機会に譲りましょう。(三部構成に収まりきらなかった、ごめんっ!)

ではまた、ごきげんよう。

      2016/07/19

 - 米国株