米国株の銘柄選び:エネルギーセクター(2)


こんにちは。いなぐらパパです。

前回につづき、エネルギー・セクターからのパパの銘柄選びです。

上流部門としてエクソン・モービル(XOM)またはシェブロン(CVX)から選びます。

ぶっちゃけ、どっちでも好きなのを選べば良い、という程度の選択肢です。

エネルギーセクター銘柄候補(再掲)
 銘柄  BRK
保有率
 広瀬氏
推奨
 PER  ROE 営業CF 配当 総合年率
リターン
(10年)
右肩
上り
>純利益 マージン 配当率 連続増
配年数
増配率
(10年)
PSX 5.1% 11.7 18.9% 5.8% 3.37% 4年 - -
XOM 0% 28.6 9.4% 11.7% 3.21% 34年 9.8% 6.6%
CVX - 145.8 3.0% 15.0% 4.09% 28年 9.0% 9.4%

エクソン・モービルは石油スーパー・メジャーのトップに君臨し、連続増配34年の高配当銘柄です。長期投資家にとってベストな選択肢の1つでしょう。上流から下流までの垂直統合企業であり、上流が占める割合は75%程度です。

一方、シェブロンはバランスシートの堅牢さが特徴です。とはいえ、もともとロックフェラーがスタンダード・オイルを作ったとき、原油価格の変動に対して十分に耐えられるよう、財務基盤の強力な企業づくりをしたのです。エクソン・モービルもシェブロンもその末裔であり、財務はどちらもしっかりしています。だからこそ長年、生き延びて来られたのです。

シェブロンの特徴は上流部門の割合が9割と多いことでしょう。スーパー・メジャーの主な儲けどころは上流部門なのですが、原油価格が下落したときのために、中・下流部門を併せ持っています。原油が安くなると、仕入れ値が安くなる中・下流部門は売上を伸ばします。その中・下流部門がシェブロンは少なめなのです。

既に述べたように上流こそが儲けどころなので、長期的には上流の多いシェブロンがいいんじゃないか?と考え、パパのポートフォリオではシェブロンを採用しました。

最後に、シェブロンとエクソン・モービルの30年分のチャート比較です。分配再投資として補正し、縦軸は現在(2016.7.19)において名目株価と一致するようにしています。どちらもほとんど変わりありません。強いていえば、ここ10年ではシェブロンのほうがやや健闘しています。

chart-cvx-xom-160720

      2016/07/25

 - 米国株