米国株の銘柄選び:生活必需品セクター(1)

a0027_002724_m

こんにちは。いなぐらパパです。

しばらく日本株による短期投資の話が続きました。久しぶりに米国株の話に戻ります。

米国株の銘柄選び、パパの場合(前篇)
米国株の銘柄選び、パパの場合(中篇)
米国株の銘柄選び、パパの場合(後篇)

で示した選択銘柄について、エネルギーセクターおよびヘルスケアセクターの銘柄を

米国株の銘柄選び:エネルギーセクター(1)
米国株の銘柄選び:エネルギーセクター(2)
米国株の銘柄選び:ヘルスケアセクター(1)
米国株の銘柄選び:ヘルスケアセクター(2)
米国株の銘柄選び:ヘルスケアセクター(3)

で説明しました。

今日は生活必需品セクターです。中篇でセレクトした銘柄候補群のうち、生活必需品セクターの銘柄をピックアップします。

生活必需品セクター銘柄候補
 銘柄  BRK
保有率
 広瀬氏
推奨
 PER  ROE 営業CF 配当 総合年率
リターン
(10年)
右肩
上り
>純利益 マージン 配当率 連続増
配年数
増配率
(10年)
KHC 19.9% 159.4 -0.9% 13.5% 2.56% 2年 - -
KO 14.4% 27.7 26.3% 24.1% 3.09% 54年 9.0% 11.0%
WMT 2.9% 14.9 18.2% 5.7% 2.71% 43年 12.9% 6.7%
PG 0.02% 27.8 10.3% 19.2% 3.12% 60年 9.2% 6.4%
GIS - 26.4 21.2% 14.4% 2.65% 11年 9.5% 12.2%
K - 49.2 25.0% 12.5% 2.42% 11年 6.4% 7.6%
PEP - 29.8 37.1% 16.8% 2.78% 44年 10.5% 8.6%
CHD - 30.9 19.9% 17.9% 1.40% 19年 27.3% 19.4%
BTI - 18.1 80.5% 32.0% 3.56% 0年 - 12.7%
MO - 23.1 118% 30.8% 3.24% 45年 11.6% 13.5%
PM - 23.7 29.5% 3.96% 3年 - -

ひとえに生活必需品といっても様々です。飲料、食料、小売、日用品、タバコ、といったところでしょうか。正直言って、ここにリストされた銘柄はどれも、ハズレはないと思います。ですのであとは、配当率なり、年率リターンなり、素敵なチャートなり、好みの素敵さに心奪われて選んで構わないでしょう!ちと乱暴ですが、あとは好みでいい、というところまで絞り込まれてると思います。

まず、飲料はコカ・コーラ(KO)とペプシコ(PEP)の二択です。ここでは、バフェット銘柄で、連続増配54年(!)で、配当率が3%超え、年率リターンも10%超えであるところの、KOを選びました。PEPよりも広く世界展開していて、世界分散が効いているというのも、選択理由です。以前、日本円換算でのKO vs. PEP比較をやりました。そのときのKOのチャートを再掲します。

ko-chart-in-jpy-line

次に日用品です。王道はプロクター・アンド・ギャンブル(PG)といったところでしょう。連続増配60年は、まさにレジェンドです。が、キャピタル・ゲインが近年は低下ぎみですね・・。買収前のジレット時から保有していたバフェット氏が、ほとんど手放しているのも、何となく印象悪いです。(注:かといって、バフェット氏に追従する作戦ではないので、これはあくまでも、おまけの理由に過ぎません。)

ではもう一個の日用品銘柄である、チャーチ・アンド・ドワイト(CHD)に目を向けてみると、これが何と、20年ものあいだ綺麗な指数関数的増加を示している美しいチャート!すっかり心奪われました。いえ、チャートに心奪われて決めちゃいけないんです。バフェットだってチャート見ない、って言ってるでしょ!?でも・・・いいんです。最初に言ったように、既に遜色ない銘柄ばかりのリストなのですから、あとは自分の好みで行きましょう。

chart-chd-160830

CHDの配当率は低いですが、それは、キャピタル・ゲインが大きいからです。購入時から△年後を見ると、(△年間のキャピタル・ゲイン)✕(△年後の時点の配当率)が、△年後の配当によるインカム・ゲインです。配当「率」が低くても、購入株価から比較したインカム・ゲインは、十分に大きくなっているのです。増配率の大きさも、この傾向を反映しているためです。

そのようなワケで、パパの日用品銘柄はCHDに決まりです。

つづく

      2016/09/02

 - 米国株