【日本株】IPO投資に初トライアル


こんにちは。いなぐらパパです。

短期投資の実践として、8月下旬は3days投資法を休眠し、IPO投資にトライアルしました。

IPO投資とは

IPO(新規公開株)投資には2種類あります。公開前の段階で購入し、公開日の初値で売るというのが1つ。もう1つは、公開直後に購入して、その後大きく伸びたときに売る、セカンダリーという投資法です。いなぐらパパがトライアルするのは前者です。

公開前に購入し、初値で売るには、次の手順が必要です。

  1. 抽選申込期間の間に申込を出す。
  2. 抽選日に当選・落選を確認する。
  3. 当選したら、購入期間中に購入する。
  4. 上場日の初値で売る。

申込のときには、「当選したらちゃんと購入する資金があるよ」ということを示すため、証券口座に購入相当額を入金しておかなければなりません(一部に例外あり)。ですので、それができる資金量が、申込のできる枚数を決めることになります。資金をどのように配分したら、当選確率を上げることができるのか、がポイントです。申込から初値売りまで、約2週間です。

IPO投資はじゃんけん理論に該当しない

a1020_000051_m

記事「【自戒】じゃんけん理論を肝に銘じる」でいなぐらパパは次のような趣旨を書きました。『短期投資で儲けた話というのは、じゃんけんのトーナメントで勝った人が「グーの次にはパーを出せば良い」というテクニックを出版するようなものだ。同じやり方で負けた人もいっぱいいるのに、それは表に出ない。再現性のない手法に惑わされてはいけない』と。

IPO投資はこのような、じゃんけん理論には該当しないのでしょうか?

まず、IPO投資は実践している人が比較的多くおり、ノウハウは有名なブログをいくつか読めばだいたい分かります。そして、こうしたブログは、過去の戦績を自慢する類のものではなく、現在進行形で実践しています。しかも、どの証券会社を用いているか、今月のIPO銘柄の評価はどうか、自分はどの銘柄に参戦してどの銘柄に参戦しないか、ということまで、詳しく書いて下さっています。つまり、再現性があるのです。じゃんけん理論的な投資法とは全く異なります。

その上、IPO投資は低リスクな手法でもあります。応募の時点で資金を証券口座に入れる必要があるものの、抽選で落選した場合には費用は一切かからず、手付かずです。何%かの確率で当選した資金のみが、リスクに晒されます。そのリスクも、初値が公募価格を下回るのは、全体の2割程度以下の銘柄です。さらに、こうした公募割れであっても、損失は多くの場合は1〜2割程度です。

こうしたことから、万が一にも「全資産を失ってしまった!」というような悲惨な目にあうことは、ほとんど無いでしょう。ただしこれは、1人1票式の「完全平等方式」の抽選を中心とした場合です。もし、資金量に応じて当選確率が大きくなる方式の抽選に「全財産」を投入し、全額が当選してしまって、そのうえ大幅に公募割れした・・・なんて場合は大損します。

また、公募割れしやすい案件は、往々にして倍率も低く、あっさり当選してしまったりするので、要注意です。全ての案件に片っ端から参戦すると、競争率が低くて公募割れしやすい案件ばかりに当たってしまう、ということにもなり兼ねません。やはり、ある程度しっかりとした投資リテラシーは必要です。

パパがトライアルする理由

さて、IPO投資で調べても良く分からないのは「どのくらいの確率で当選できるのか」です。あるウェブサイトで見かけた数字は、主幹事の証券会社の場合で、小型案件なら5〜10%、大型案件なら50%程度ということです。リターンはこの当選率によって左右されますので、「じゃ、自分でやって試してみよう」というのが、パパのトライアルの理由です。

じゃんけん理論にならないよう、結果は各月末を目安に公開したいと思います。一方、まだ始めたばかりのパパの銘柄選択を、そのまま皆さんに真似してもらうのは適切とは言えないので、参戦予定銘柄を事前に公開することは、控えさせていただきたいと思います。

8月のトライアル結果

早速ですが、8月の成果報告です。お盆明けからの参戦でしたが、8月後半の上場は2銘柄しかありませんでした。「大江戸温泉リート投資法人」(3472)は評価が低く、最近の他のリートIPO案件が不調ぎみでもあることから、参戦しませんでした。結果は公募割れとなったようです(マイナス4.1%)。

残る「デファクトスタンダード」(3545)に、4つの証券会社から参戦しました。結果、主幹事の大和証券から初当選を獲得!プラス41.1%のリターンとなりました。初参戦にして初白星と、幸先の良いスタートでした。もっとも、この案件は主幹事の当選枚数が多かったので、比較的当たりやすかったのかと思います。

8月のIPO投資トライアル結果     (リターンは手数料・税金差し引き前)
IPO企業 参戦状況 利用証券会社(主幹事に◎) 当選状況 リターン(円)
大江戸温泉リート投資法人 不参加 0
デファクトスタンダード 参加 ◎大和、SMBC日興、岩井コスモ、SBI 当選(大和) +67,000

9月は上場案件が10以上ありますので、楽しみです。結果はまた月末以降に報告したいと思います。

ではまた、ごきげんよう。

      2016/09/06

 - 日本株