AAPL, KO, MCDに新規投資しました。

a0007_002088_m

こんにちは。いなぐらパパです。

2月2日からの米国株暴落では、パパも痛手を被りました。米国株自体は長期保有なので、まったく心配しませんでしたが、問題はVIX連動ETN。これらは、平時は指数関数的に下落し続ける銘柄で、したがって空売りすることにより利益を得るものです。

VIX連動ETNとは

そんな銘柄を誰が「買う」のか?

実は、これらのETNが下落し続けるのは、VIX指数が10付近の「平時」だけです。株式暴落の局面、つまりVIX指数が跳ね上がるときには、VIX連動ETNも跳ね上がります。ここに着目すると、株式投資家がVIX指数ETNをポートフォリオに少し入れておくことで、暴落に備えたヘッジに使うことができます。言ってみれば「保険」です。平時のゆるやかな下落が「保険料」で、株式暴落時のETN暴騰が「保険金支払い」のようなものです。

さて、VIX連動ETNの売りポジション側としては、一時的に損失を抱えても、いずれ戻ってくるので、待っていれば良いのです。ただし、大きく変動したときには、証拠金が不足して強制決済されてしまいます。それを避ける方法は複数あるのですが、今回パパは「大したことないだろう」と油断して対応が遅れてしまいました。そのため証拠金の1割を強制決済で失い(損失確定)、3割が今でも含み損になっている状態です。

幸い、現金ポジションが一番多い状態になっていたので、VIX連動ETNへの証拠金は多くありませんでした。そして、そろそろ証拠金を増やそうと思っていた頃だったので、この期に証拠金を増やしました。投資規模が約5倍になったので、今後の回復期で今回の損失は割と早く取り戻せると思います。今回の損失は良い勉強だったと考え、次回に活かしたいと思います。

計画ポートフォリオの完成

一方、米国株投資家としては、今回の下落は追加投資のチャンスです。

パパはこれまで、半年に1銘柄ずつ増やしていき、計画ポートフォリオの完成を目指してきました。が、不動産ビジネスのお陰で現金ポジションが増えたこともあり、今回の機会に残り3銘柄に新規投資し、一気にポートフォリオを完成させました。

残り3銘柄とは、コカ・コーラ(KO)、IBM(IBM)、マクドナルド(MCD)でした。しかし、現時点でIBMに新規投資するにはまだちょっと早い(まだ回復が十分でない)と考え、アップル(AAPL)に変えました。

また、パパの元々の銘柄選びの方針は、「まずバフェットの上位10銘柄は候補にする。そして、Market Hackの広瀬隆雄さんが長期投資向けとして推奨する銘柄を参考にする。」というものでした。その点、当時はIBMがバフェット上位10銘柄に入っていたものの、広瀬氏の推奨銘柄ではありませんでした。今ではIBMはバフェット銘柄から脱落し、一方、アップル(AAPL)はついにバフェットのトップ銘柄となりました。また、広瀬氏の推奨リストにも入っています。であれば、当初の方針に照らしても、いま新規投資するならIBMよりもAAPLとなります。

ということで、今回の新規投資は、コカ・コーラ(KO)、アップル(AAPL)、マクドナルド(MCD)の3銘柄となりました。

こうして1銘柄を変更して完成したポートフォリオの10銘柄を、改めて表にしてみます。

いなぐらパパの特選10銘柄 (数値は2017年末時点)
 銘柄  PER 営業CF 配当 配当再投
資年率
リターン
(10年)
セクター
右肩
上り
>純利益 マージン
(2016年)
配当率 連続増
配年数
増配率
(10年)
KO 43.7 21.3% 3.22% 56年 8.1% 7.3% 生活必需品
CHD 28.9 18.8% 1.51% 21年 26.1% 15.8% 生活必需品
GIS 21.7 15.9% 3.31% 14年 9.8% 11.0% 生活必需品
MO 8.9 19.6% 3.70% 47年 11.3% 17.7% 生活必需品
JNJ 24.3 26.1% 2.40% 55年 7.4% 11.0% ヘルスケア
NVO 21.5 43.2% 2.13% 19年 25.0% 17.5% ヘルスケア
CVX 36.5 11.2% 3.45% 30年 6.7% 6.8% エネルギー
PSX 25.5 3.5% 2.77% 5年 - - エネルギー
AAPL 18.4  ◯ 30.5% 1.49% 6年 - 20.9% 情報技術
MCD 24.9 24.6% 2.36% 41年 9.8% 14.9% 消費財・サービス

生活必需品、ヘルスケア、エネルギーの3セクターが中心で、4:2:2の割合で構成しています。3セクター以外からは、AAPL、MCDを採用しています。

連続増配の高配当銘柄を中心にしていますが、高配当に限定するワケではありません。高配当でなくても、配当再投資の年率リターンが良いもの(CHD、NVO、AAPL)を適度に混ぜています。ご参考まで。

   

 - 米国株