子供が一人生まれたら100万円を投資信託に投資するという発想


こんにちは。いなぐらパパです。

ひろゆきさんの少子化対策の発言が話題になっています。

『「1人産めば1000万円支給」で少子化は解決する』と。

私はこれ、賛成ですね。親が娯楽や博打で使ってしまわないよう、対策は必要ですが。

教育資金贈与の特例のように、子供の教育にしか使えない縛りを付けるとか。

あるいは、18年掛けて分割支給するとか。

そんな制度があったら、間違いなく我が家は3人か4人は子作りしましたね。

実際は2人です。3人も大学行かせられないから。

本当は3人欲しかったけど、夫婦で話合って悩んで悩んで2人。

1000万円給付されたらどうする?

子供が生まれた時に1000万円を本当に給付されたら、皆さんはどうします?

このブログを見にくる皆さんなら、全額と言わないまでも、一部は投資に回しますよね。

もちろん、子供のための資金ですから、子供の口座名義でですよ。

私なら200万円を大学進学のために、100万円を老後資金のために投資します。

老後資金って、自分のじゃなくて我が子の老後ですよ。

世界分散の株式投資信託だと、年率5%くらいですかね。インフレ補正も入れて。

大学進学用の200万円は、18年後に480万円になってます。

国立なら学費プラス生活費の足しになります。

私立でも学費が安いところの4年分の学費くらいですね。

老後資金の100万円は、60年後に1,868万円になってます。

以後、毎年5%を解約するとして、月7万円ほど使えます。いいですね。

ちなみに、税金20%を引き算しました。

解約し始めるのを70歳までガマンすれば、月10万円です。ブラボー。

元手100万円で、70歳から100歳まで30年間、毎月10万円もらえます。いいなー。

子供が途中で使ってしまわなければですが・・。

金持ちにも給付すべきだ

金持ちは制度の対象外にすべきだ、って意見が必ず出ます。

私は、金持ちにこそ給付すべきだと思います。

使えるお金が増えるなら、もっと子供を作りたいというのが、中流層から上流層だから。

この層は、子供に良い教育を受けさせてくて、教育にお金を掛けたい。

だから、そこから逆算して1人か2人しか産まない。

でも、1000万円もらえて余裕ができるなら、もう1人って思う層です。

だから、そこに投資したほうが子供が増えるんですよね。たぶん。

もちろん、ダントツのお金持ちは関係ないでしょうけどね。

こんな給付に関係なく、4人も5人も産んでるかもしれない。

でも、そこに1000万円来たら、きっと全額を投資するじゃないですか。

そして子供に「この投資は60歳まで続けて、老後の資金にしなさい」と。

60年後には1億8千7百万円です。そこから毎年、5%使うとします。

毎月、60万円使える。国には毎月15万円の税金が入る。

100歳まで続けたとして、国は7,200万円を回収するんだから、いい話じゃないですか。

そんな夢のような制度が無くても、生まれたら100万円投資してあげよう

さて、ここまでは夢物語。ぜったいに実現しないと思うので忘れましょう。

でも、子供が産まれるまでに頑張って100万円作り、生まれたら100万円を子供のために投資したら良いですね。

そしたら、子供が60歳になる時には、老後資金2,000万円近くが準備できてる。

・・・いなぐらパパは出来てないですけどね(笑)。

孫のためには、やってあげたいなー。

今日は、取り留めもないお話でした。

もし賛同して100万円投資されるなら、「セゾン資産形成の達人ファンド」がオススメ!

セゾン資産形成の達人ファンドを選ぶ3つの理由

 

   

 - お金の話, 投資信託