パパのポートフォリオ2020年11月4日現在


こんにちは。いなぐらパパです。

2018年8月に「もうやらね」と辞めた米国株投資。

復活しちゃいました。2020年8月の上旬から取り組んでいます。

現在のポートフォリオを紹介します。

投入資金はちょうど100万円。NISA口座内での取り組みです。

米国株のポートフォリオ

上記の図は、2020年11月5日現在の米国株ポートフォリオです。

以前提案していた計画ポートフォリオ10銘柄は忘れて下さい。はい、忘れました(笑)。

ですが、その時に調べて「これは長期投資に足る」と見初めていた銘柄を、改めて精査して取り込みました。

ただ、ポートフォリオの中心となるのは、何とインデックス・ファンド(ETF)です。このブログを2016年に初めた頃は、インデックス・ファンドを熱心に勉強し、ブログタイトルも「田舎暮らし家族のインデックス投資日記」でした。懐かしいなあ。あの頃の勉強が活きています。

全米分散の VTI を中心に、今をトキメク GAFAM を増強するため、 QQQ をトッピングしました。

また、「米国株セクター別投資。王者はヘルスケアと生活必需品!」の研究を元に、ヘルスケアと生活必需品に厚めのポートフォリオとなっております。

まず、生活必需品は、セクターEFTであるVDCを主軸に、チャーチ&ドワイト(CHD)とゼネラル・ミルズ(GIS)。PGもKOもMOもPMも気になるけど、それらはVDCの上位銘柄に入ってるので、VDC1本で十分!

ヘルスケアは、セクターEFTであるVHTを主軸に、ベクトン・ディッキンソン(BXD)とノボ・ノルディスク(NVO)。JNJ と ABBV も候補銘柄だったのですが、これらは VHT 上位にあるので、VHT1本あれば十分ですね。

あとは、情報セクターを重視して AAPL と V。

および、MCD と VZ です。

今後の方針

個別株投資は難しいです。

日々、神経をすり減らします。

やっぱり、一般人は S&P500 がベスト。

バフェットもそう言ってます。

最近ホンマそれを実感します。

でも個別株に憧れる・・まるで麻薬?

なので、今後は VTI を中心とするインデックス部分を7割まで増やすつもりです。

VTI が良いか S&P500 が良いかの議論はまた今度。

個別株は、銘柄をもっと厳選して、かつポートフォリオのごく一部にします。

なんか、それが一番幸せな気がしてきました。

皆様はいかがですか?

それではごきげんよう。

   

 - 資産配分