IPO投資、2020年12月のトライアル結果


こんにちは。いなぐらパパです。

再開したIPO投資の4ヶ月目です。

2020年12月のIPO投資トライアル結果
IPO企業 参戦状況 利用証券会社(主幹事に◎) 当選状況 リターン(円)
ビーイングHD 参加 ◎野村(200), SMBC, SBI(1200), みずほ 落選 0
スタメン 参加 ◎大和, マネックス, SMBC, SBI(1300), 野村(200), みずほ 補欠(大和)→落選 0
Fast Fitness Japan PT狙い SBI 落選 0
バルミューダ 参加 ◎みずほ, SBI(600) 落選 0
ローランド PT狙い SBI 落選 0
プレイド 参加 ◎みずほ, マネックス, SBI(700), 岡三オンライン, 野村, 東海東京, 大和 補欠(みずほ)→落選 0
オーケーエム PT狙い SBI 落選 0
リベルタ 不参加 0
ビートレンド 参加 ◎みずほ, マネックス 落選 0
かっこ 参加 ◎SBI(500), マネックス, SMBC, 岡三オンライン, 松井, みずほ 落選 0
インバウンドテック 参加 ◎東海東京, SBI(200) 落選 0
ココペリ 参加 ◎大和, マネックス, SBI(700), 松井 落選 0
いつも 参加 ◎みずほ, マネックス, SBI(700), 野村, 松井 落選 0
ポピンズHD 参加 ◎大和, SMBC, SBI(400), みずほ 落選 0
ヤプリ 参加 ◎みずほ, ◎大和, マネックス, SBI(300), 野村 落選 0
ウェルスナビ 参加 ◎SBI(1000), ◎大和, 岡三オンライン, ライブスター, 野村, みずほ 落選 0
Kaizen Platform 参加 ◎SBI(1000), 岡三オンライン, ライブスター, みずほ, 大和 補欠(SBI(300))→落選 0
エネチェンジ 参加 ◎みずほ, マネックス, SMBC, SBI(2000), 野村(200), 松井, 大和 落選 0
交換できるくん 参加 ◎SBI(500), SMBC, ライブスター 落選 0
グローバルインフォメーション 参加 マネックス, SBI(900), 岡三オンライン, 松井, みずほ 落選 0
東京通信 参加 ◎野村, マネックス, SBI(900), 松井, みずほ 落選 0
東和ハイシステム 参加 ◎野村, SMBC, SBI(500), みずほ 落選 0
SANEI 参加 ◎大和, SMBC, SBI(500), 野村, 松井 落選 0
ファンペップ PT狙い SBI 落選 0
クリングルファーマ PT狙い SBI 落選 0
オンデック 参加 ◎野村, マネックス, SBI(700), 岡三オンライン, みずほ, 大和 落選 0
合計 26社 98件 当選0件 0

12月は上場繁忙期なので、1〜2件は当選できるのではと期待しましたが。

なんと!驚くべきことに、26社98件も応募しながら、当選0件という惨敗っぷり。

まあ、損益0円ですから、惨敗とは言わないかもしれませんが、費やした手間と時間の分だけ、負け感が感じられます。

これはさすがにがっかりしましたね。

今月はIPO用の口座に合計650万円を用意してたのですが、それでも不発。

そして、IPO投資再開から4ヶ月間で合計168件の応募をするも、やはり当選0件。

仮にこれは運が悪かったから、と考えるにしても、平均的には1〜2件程度の当選がせいぜい、と考えるのが妥当でしょう。

「補欠の3回に1回くらいは繰り上げ当選している」という話がありますが、今回いなぐらパパはちょうど3回の補欠がありましたから、これまた妥当な数値と言えます。

そして、1件あたり平均5万円くらい利益が出たとすると、どういう計算になるか。

4ヶ月の利回りは多くても (5万円☓2÷650万円) = 1.54%。

年間利回りに換算しても、たったの4.6%です。

まあ、元本割れする可能性が少なくて、年利約5%の投資、と考えれば、悪くないかもしれません。

でも手間がかかりすぎるんですよね・・。

それだったら、クラウド・レンディングのほうがマシだな。

事前に利回りが分かりますから。

ということで本日の結論。

IPO投資は思いのほか利回りが悪いことが分かったので、いなぐらパパはやめます。

ちなみに、今月も立会外分売にもトライしてみました。

2020年12月の立会外分売トライアル結果(参加案件のみ)
IPO企業 参戦状況 利用証券会社 当選状況 リターン(円)
SPK 参加 SBI, マネックス 落選 0
合計 1社 2件 当選0件 0

やはり成果ゼロ。

トホホ。ではでは、ごきげんよう。

   

 - 日本株