世界分散の株式ファンド比較 VT = VTI + VEA + VWO


こんにちは。いなぐらパパです。

投資信託やETFを使って、世界の株式に時価総額比で分散するポートフォリオを持っている方は多いと思います。今日はETFでの世界分散ポートフォリオ設計について、比較検討してみます。

まず、一本で世界分散できる有名なETFは、バンガード社によるVTと、ブラックロック社によるiシェアーズMSCI ACWIでしょう。そこでまず、VTとACWIを比較してみます。

  VT iShares MSCI ACWI
ベンチマーク指数 FTSE Global All Cap Index MSCI ACWI
設定日 2008年6月24日 2008年3月26日
純資産総額 (2016.4.30) 5,481 百万米ドル 5,459 百万米ドル
銘柄数 7,538 (2016.3.31時点) 1,307 (2016.6.28時点)
経費率 0.14% 0.34%
平均年率リターン (2011.6.1〜2016.6.1) 3.32% 3.51%
配当率 (2016.6.3時点) 2.24% 2.50%
トータルリターン 5.42% 5.67%

iShares MSCI ACWIのほうがトータルリターンが若干良い数字ですが、日々の変動もありますので、両者はほぼ同等と思って良いでしょう。設定日も純資産総額もほぼ同じです。

ただ、経費率はVTのほうが圧倒的に安いです。バンガードのETFは、かつてはMSCIの指数を多く採用していましたが、よりコストの低いFTSEの指数に移行してきました。

ここでは、日本でも人気のVTをさらに分解してみます。VTを、地域別の複数のETFで組み合わせると、経費率がさらに安くなり、トータルリターンが向上するのです。VT = VTI + VXUS という分解の仕方と、VT = VTI + VEA + VWO という分解の仕方があります。

VTIはアメリカの大・中・小の株式に分散するETFです。アメリカのETFと言えばS&P500連動のSPYが有名です。SPYは主要500銘柄に分散するのに対し、VTIはより広く小型株まで含めて分散するので、可能な限りの分散投資を方針とする方には向いています。

VEAはアメリカを除く先進国への分散です。日本や欧州、オーストラリアなどが含まれます。以前はカナダが含まれていませんでした。VTIと補完的な役割を果たせるように、とのことでしょうか、2016年6月1日からカナダがVEAに含まれます。また合わせて、小型株がこの時から含まれるようになりました。

VWOは発展途上国の株式に投資するETFです。こちらも2015年11月から小型株を入れ始め、約1年かけて移行を完了します。

VXUSはアメリカを除く、先進国および途上国の株式に分散投資します。VEAとVWOを合わせたような感じです。VXUS = VEA + VWO。

VT, VTI, VXUS, VEA, VWOの5本を比較してみましょう。

  株価 (2016.4.30) 銘柄数 (2016.3.31) 経費率 純資産総額 (2016.4.30)
VT $58.27 7,538 0.14%   5,481 百万米ドル
VTI $105.51 3,682 0.05% 59,000 百万米ドル
VXUS $45.89 6,088 0.13%   5,696 百万米ドル
VEA $36.71 3,773 0.09% 31,385 百万米ドル
VWO $34.93 3,944 0.15% 34,874 百万米ドル

この表を見て気づくのは、VT, VXUS は他の VTI, VEA, VWO に比べて、純資産総額が一桁低いことです。純資産総額は、そのETFの流動性の良さに直結します。日々の株価変動の中で、希望の価格で購入するには、この流動性の良さが効いてきます。また、指数への連動性の良さにも関係してきます。この点からすると、VTI + VEA + VWO の組み合わせが最も魅力的です。

今度は、トータルリターンの観点から、3種の世界分散ポートフォリオを比較してみます。

  銘柄数 経費率 5年平均年率リターン (〜2016.6.1) 配当率 トータルリターン
VT 7,538 0.14% 3.32% 2.24% 5.42%
VTI (51.30%) +
VXUS (48.70%)
9,770 0.09% 3.77% 2.33% 6.01%
VTI (51.30%) +
VEA (37.46%) +
VWO (11.24%)
11,399 0.08% 4.07%  2.40% 6.39%

このように、3つのETF (VTI + VEA + VWO) で構成するポートフォリオは、VTより1%近くも高いトータルリターンを得ることができます。この差が購入・売却手数料を上回る見込みであれば、多少の手間をかけても、3本に分けてみる価値があるのではないでしょうか。

追記)VTとACWIの比較について、保有銘柄数の違いを表に加えました。たわら男さん、ご指摘ありがとうございます。ついでに銘柄数は最新情報にアップデートしました。(2016.6.30)

      2016/06/30

 - 投資信託